サラリーマンが不動産管理をする注意点

アパートやマンションのオーナーになる不動産投資は、サラリーマンが副業として行うことができます。
原則サラリーマンは副業禁止としているところが多いのですが、不動産投資は不労働所得となるため、本業に支障が出ない場合は副業として認められるケースが増えています。
しかし素人が不動産投資をするには、自力で何もかも行うのに限界がありますから、管理会社に管理などの業務を委託します。
この場合は家賃収入の中から毎月管理会社に手数料を支払うことになります。
ただし管理会社によっては、手数料を高く設定しているところもあるので、節約するために自分で管理しようとするケースもあります。
サラリーマンの場合は本業がありますので、アパートやマンションの管理業務を全てこなすのは限界があります。
クレームなどがあった場合は、随時対応しなければいけないので、本業を疎かにしてクレームに対応するというわけにはいきません。
手数料を支払っても管理会社に管理を委託するのが賢い方法と言えます。

長期的な資金に不動産担保ローン

夢の戸建を賃貸で

すみーく

軽井沢・北軽井沢でこだわりのログハウス暮らしをご提案

投資で永住権を取得

最新記事

  • 不動産屋で働く場合は、資格を持っていると有利になることが多々あります。
    もちろんなくても働くこ...

    続きはコチラ

  • 不動産業界で働く時、持っていると有利なのが宅地建物取引士の資格と言われています。
    確かに雇う側...

    続きはコチラ

  • 不動産屋の営業マンは、多くの契約を取ることが目標です。
    契約をたくさん取る程いい営業マンとみな...

    続きはコチラ