不動産業界への就職にあると有利な資格

不動産業界で働く時、持っていると有利なのが宅地建物取引士の資格と言われています。
確かに雇う側にもメリットがあるので、就職だけでなく転職にも有利と言われています。
しかし不動産関連の資格は他にもあり、それぞれにメリットがあります。
持っていると有利と言われる宅地建物取引士以外の資格を紹介します。
資格にはそれぞれに特徴があり、独占業務などもあります。
宅地建物取引士以外では、管理業務主任者、行政書士、2級FP技能士なども有利になります。
宅地建物取引をする場合、その業務は宅地建物取引士にしかできませんが、マンション管理の仕事をする会社には、管理業務主任者や2級FP技能士が欠かせません。
不動産屋の仕事には、専門的な書類を作る業務もあります。
この場合は行政書士の資格があれば専門的な書類の作成が出来るので、行政書士の募集も多いです。
同じ理由で司法書士の資格も役立ちます。
それぞれの資格で出来る業務は変わってきますが、いずれに不動産屋で役立つ資格です。